サラリーマンの夢日記

~理想の人生を目指す 資産運用 奮闘日記~

2020年1月の反省 未来の自分宛

2020.2/1

~2020年1月の反省~

1月はとても貴重な経験ができました。

イラン戦争の危機に始まり、コロナショック。

私の株式投資結果もこの流れに沿って激動しました。

実現損益も大体、-20万 → +130万 → +15万 と推移。

恐らく、私にもっと経験値があれば+100万はキープできたでしょう。

そこで、しっかりと反省し、次回に活かせるよう、この貴重な経験をまとめて振り返ってみようと思います。

 

①イランvsアメリカの戦争危機時

日本市場初日の1/6。日経平均は大暴落から始まりました。

初動からポジ圧縮を行い、実現損益約ー数万となりました。

翌日1/7は戦争回避期待から日経は反発。それに慌てて買戻しを行う。

その翌日1/8にはイランによるアメリカ基地への報復報道を受け、再び暴落。

また慌ててポジ圧縮。結果、実現損益は約ー20万となりました。

その後、アメリカ側の死者はでなかったことで、いわゆるプロレス状態であり、戦争はないとの観測で、日経平均は何事もなかったかのように戻っていったのです。

 

ここでの反省。

戦争危機について検証し、今後の動きをあらかじめ予測すること、つまりMyストーリー構想が遅れたこと。

結果、日経の動きに合わせ、後出し行動をとってしまったこと。

戦争危機回避のシナリオは予測してました。ただし、それはイランによる報復があってから考えたものです。

日本市場が始まる前から、アメリカによる攻撃が起きた時点で→イランの報復→プロレス→戦争回避のシナリオが描けていれば、1/7の買い戻しはしなかったでしょう。

そうすれば1/8の無駄なポジ圧縮はなく、もっと利益が出せていたはず。

まとめますと、何か経済危機となる出来事が起きた場合には、あらかじめ今後の動向を予測し、Myスト-リーに基づき先手行動を心がけること。

 

②コロナショック時

①を受け、コロナウィルスによる日経下落のシナリオは、割と初期には描いていました。しかし、経験値の少ない私は、自信のなさからMyストーリーを信じきれませんでした。また、イラン戦争時の無駄なポジ圧縮トラウマもあったと思います。初動でポジ圧縮を行わなかった結果、約100万の損失を出してしまいました。

ここでの反省点は、Myストーリーを信じて、ポジ圧縮は早々に行うことです。

ポジ圧縮は、今後起こりえる大損失に備えるまさに保険であり、その損失は保険代と捉えることです。

現に、初期のポジ圧縮による-40万を恐れ、-100万の損失になってしまったのです。

 

さらに反省点はもう一つ。

それは期待上げ銘柄には後乗りしないことです。

後乗りした結果、私はさらに数十万の損失を出すこととなってしまいました。

もともとMyルールには後乗り禁止があったのですが、ついつい損失を埋めたい一心で手を出してしまいました…。

 

良かった点もあります。

それは相場を読み、日経平均連動型ETFで利益を出せたことです。

このような相場では、ファンダメンタル・テクニカルチャートなどは無意味です。

個別銘柄の動きが読めないなら、相場の動きを読めばいい。

この手法を得たことは、私にとって非常に有意義であったと思います。

 

【まとめ】

このブログを見るであろう未来の私のためにも、しつこいようですがまとめます。笑

・経済危機が起きたとき、即座にストーリーを描け!

・自分を信じて、ストーリーに基づき行動しろ!

・ポジ圧縮は保険!恐れず・早々に・6~10割圧縮しろ!

・期待上げを起こす銘柄に、後乗りはするな!

・個別銘柄が読めなくなったら、相場を読め!

今まで確実に毎月利益を出せている、ファンダメンタル中心のテクニカルチャートを用いた自分の投資スタイルを貫き、どんな時でも自信を持って投資をしてほしい。

 

【あとがき】

 

1月は、自分に一番足りない「経験」を得ることができ、失敗を積み重ねたことで、

逆に自信がついてきました。自分の投資スタイルは間違っていないと確認できました。

 

今回は、今の自分への戒めと、道に迷った未来の自分へ向けた、
まさに反省日記でした。笑

そして、コロナショック相場は続きます。

ただし、Myストーリーでは日経平均の暴落はあと1~2段となる予定。

つまり仕込みの時期は近い。

今後は通常モードに移行し、ファンダメンタルに基づき良い銘柄を拾っていこうと思います。悩めるのは下落1段目から拾うか…2段目を待ってから拾うか…

うーーーーーん…

 

それでは